こだまなくらし

アクセスカウンタ

zoom RSS 無限19・・・やさしいお兄ちゃん

<<   作成日時 : 2016/10/20 10:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

IMG_3896

みんなの中のスピリット「こだまちゃん」

__________________

無限19・・・やさしいお兄ちゃん

.

源のひびきでこんにちは。

さて・・・私にとって「メッセージを現す」ことは

作品を創作する・・・絵や創作物を現すのと

全く同じ感覚であり、また全く同じ行程だった

.

・・・先にも書きましたが、

これは、いまになってようやくわかリ、

またコトバにも出来るようになったことです。

.

自分に何が起きたのか、何故書けたのか

・・・などは、まったくわからなかったけれども、

そうするしかなかった・・・

そして、やってみたら何とか出来た・・・

私にとって全ては、そんな感じだったのです。

.

私は幼い頃からずっと、

その練習をしていたのかもしれないし、

あるいは、その行程の訓練をしていたので

そこに触れられたのかもしれない、

.

そしてまた・・・全く同じ感覚だったので、

絵や創作物を現す時と同じように

様々な過程を根気よく乗り越えられたのかもしれない

.

でもね・・・実は、そんなことはどうでもいいのです。

何故なら・・・な〜んにも起きていない・・・からです。

まあ、こう書いちゃうと「元も子もない」ですけどね・・・

.

私たちの経験は実体のない幻です。

もしも完全に目覚めたならば、

一度の人生も通過したことがなかった・・・とただわかる

.

ずっと、全体のままでいて、

何も起きていなかった・・・とただわかる

全ては錯覚のようなもの・・・とただわかる

と言われています。

.

ですから、ここで書いていることは、

私が自分で紡いだ夢(ドラマ・物語)を

皆さんに、ご紹介しているにしかすぎないのです。

.

でも、いまはまだ、それによって気付いたり、

イシキが拡大することもあるでしょう。

それに、この世界では、ドラマ(物語)を通してしか、

語ることが出来ないものです。

.

そこで今回は、思い出した幽界でのひとつの出来事を

書いてみようと思います。

.

さて・・・ガイドのフィーリングでは

幽界や霊界と言われている次元も

実は「夢の続き」と伝えられています。

.

完全に目覚めたならば、

一度の人生も通過した事がなかった・・・とただわかる

のですから、そういうことになるわけです。

.

その「夢の続き」・・・幽界での経験を、

何となく思い出したのは、最近のことでした。

.

死は幻なので、私たちは死ぬことはありえません。

でも、ほとんどの人は「死」を自分の真実としていますから、

この次元を去るには「死ぬこと」を選びます。

(実は、これは自分の選択なのです・・・

.

でも、死んだ途端に、死んだその瞬間に、

自分が死んでいないことに気付くわけです。

その後は色々調整が成されて、

後は、ここでの経験と全く同じ・・・

自分の好きな創造をしているのですが、

どんな体を現すのかも、お好みでやっているようです。

.

子供のままの存在もいるし、少女や青年、年寄りなど

色々です・・・そして私自身は、

大体14歳くらいでいたようです。

.

ある日、14歳くらいの私は幽界の川べりで座っていました。

そこは自分が創造(想像)した空間であり、

気持のいい風が吹く、夕暮れのような感じでした。

.

そこは、とてもいいところだったけれども・・・

「もっと何かが、あるような気がする」

「この先に何があるんだろう」・・・と

わたしは思い始めていたのです。

.

すると、そばに、やさしいお兄ちゃんが来ました。

「この先には無限が在るんだよ・・それを見たいならば

生まれるといいよ」・・・と、そのお兄ちゃんは言いました。

.

そのお兄ちゃんは、そばにいるだけで、

すごく優しくて暖かくて・・・私はすぐに

「このお兄ちゃん大好き」と思ったのです。

.

だから、「お兄ちゃんの言っているようにしようかな」

・・・と思ったのです。

実は、思い出したのは、たったそれだけ

そのワンシーンだけです。

.

でも、思い出したとき同時に、

「あのお兄ちゃんはイエスだったな」

・・・と、ただわかったのです。

.

そうして、私はこの次元に生まれることを選択しました。

両親や環境など全てを自分で選んで

大体、14歳くらいまで、源にいる感覚を保ち続け、

その後、様々な体験を通して、経験を積み、

その全てがメッセージへとつながりました。

.

そしてまた・・・この次元の

何気ない私の日常の中でも

「あれはきっと、イエスだったのだろう」・・・と、

あとから気付く、わかるようなことがあったのでした。

.

つづく

____________________

★食べ物が生まれる木2(売約済み)

こちらも、リクエストで作ったものです。

その方に喜んでいただき、嬉しかったです。

IMG_3893 

IMG_3895

 IMG_3894 

___________________

こだまなくらしのメッセージ・音声・

セッション申し込みはこちら

チャネルアート・ひびき

____________

ギャラリーはこちら

★「こだまなくらし」のなかまたち★  

こだまな なかま

●サイトでの販売もしています

詳しくはサイトで

_________________

手作りサイトminneにて販売しています。

minneギャラリー

____________.

今日も見てくださってありがとうございます。

コメントや気持玉お待ちしています。

またね☆.

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
驚いた

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こだまさんを知って2年になりますが、「イエスが伝えるこだまなくらし」「イエス愛のひびき」を、飢えた子の様によく聞いていました。
この2年の間、じっと自分と向き合う時間を持ったり、ただ響く方に行ったりしながら、今は本当にいろんなものから抜けて軽くなっているのを感じます。
先日、ふと思い出したことがあります。10年以上も前のことですが、星空観察ツアーで星空を見ている時に、そこには星空だけがあり自分がいない感覚になり、慌てて自分に意識を戻した(見つけようとした)ことを。(笑)
ずっと私をなくしたいという思いに駆られていて、幻想だから元々いないのですが、実際いない感覚を経験していたし、寝てると時や集中してる時もいません。だけど、私はいる時しか知らないので、「いる」という感覚がとても強力ですね。元々いないものを無くそうと頑張るジレンマ!ただ、今は、そんな経験も愛しく感じます。
起こることしか起こらない、穏やかさに安心しています。
最近、「宙へ」が心地良くて、よく聞かせてもらっています♪
いつも、素敵な記事をありがとうございます♡
あい
2016/10/20 11:58
あいさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

わたしもずっといなくなりたかった・・・けれども
あいさんがおっしゃるように
もともと「わたし」というものは
個を体験する為の仮の物なのだから
ほんと!
もともと無いものを無くそうとしているわけですね。
コトバにしていただいたおかげで
すごく腑に落ちました。
そう言えば・・・わたしも朝目覚めた時などに、
ここはどこ?・・・私は誰?・・・という感覚になって
焦って自分を思い出していました。
今度、そんな風になったら焦ったりしないで
そのままでいてみたいと思います。

「宙へ」聞いて下さってるんですね。
きっといまのあいさんにとって、ヒビクのでしょうね
ありがとうございました。
こだま
2016/10/20 13:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
無限19・・・やさしいお兄ちゃん こだまなくらし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる