こだまなくらし

アクセスカウンタ

zoom RSS 花を食べるモグラ

<<   作成日時 : 2014/05/28 08:40   >>

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

 IMG_3119

このお花は、バーバスカム・・・だったかな?

種から育てて、3年目

見ごたえある姿になってきました。

IMG_3118

 IMG_3117

さて、今日の題名の「花を食べるモグラ」・・・ですが

・・・先日、庭の隅の日陰で休んでいたら

あの・・・名前のわからない紫の花

これです・・・これ

IMG_3097

IMG_3130

この群生している中の1本が、

しゅるしゅるっと小さくなってゆく・・・

マリ状に咲いている紫がどんどん縮まって、

ポン・・・となくなってしまいました。

.

なになに・・・なんなの?

ふしぎな感じだったので、

妖精でもいるかと思ってそばまで行くと

モグラの穴があちこちに開いています。

.

花を茎ごと引きずり下ろして、穴にすぽんと入れたんですね。

この花は風にそよそよ揺れるほど茎が細いので

簡単に出来ちゃうんです。

.

「あ〜あ」とは思いましたが、

イエスの「愛のひびき」に出てくる

「花を愛でる神」になって

「お花を育てて幸せに過ごそう」と思っていただけだったのが

いつのまにか、それを邪魔する様々なものたちと

戦う日々を過ごすことになる

・・・というのは、いやだったので、

「まあ、いいか」とあきらめました。

.

実は、ひまわりなどの種を蒔いたところにも

穴がたくさん開いていて

出た端から食べまくっているようです。

次回から、種は、箱やポットにまくこと・・・と学びました。

.

モグラよけには「風車」など、地面に振動を与えるとか

音波とか、いろいろあるようですが

今のところ何もしないで花が消えてゆくのを見ています。

.

まあ、すぽんと消滅する場面にはなかなか会えないけど

少しずつ、なくなっているようです。

きっと美味しいんでしょうね。

私は、きれいなのを十分楽しんだので、

根だけ残れば、また増やそう・・・と思います。

.

さてお知らせです。

__________________________________

5.28.new

おまけ朗読・ヒマラヤ・2-13アップしました
__________

では、またね。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
かわいい

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お花が消えたら、びっくりしますよね(笑)

モグラはお花を食べるんですか!
ほんと「花を愛でる神」のお話ですね。

想像すると可愛い話で、癒されました〜
ゆきえ
2014/05/28 23:49
ゆきえさん、こんにちは。

食べられる花は「エディブルフラワー」と呼ばれ
人間もサラダなどに飾って食べるので、
きっとモグラにも美味しいんでしょうね。

絵本にあるように地下に創った部屋、
ステキなテーブル、おしゃれな料理、
・・・で、ディナーを楽しんでいるのかな。

わたしも、そんなにおしゃれではないけど
タンポポの花などを
料理の上に散らしたりします。
料理の波動が上がりますよ。

もうすぐこのお花終わりで切ってしまうので
捨てないで、モグラの穴の周りにでも
置こうかと思っています。
こだま
2014/05/29 07:18
ヒマラヤ2−13の朗読ありがとうございます。
何だか聞いてて涙が出てきました。
自分で読んだときはそんなことなかったんですが。
やはり朗読してもらうと深く入りやすいのかもしれないですね。
ありがとうございました。
みずえ
2014/06/04 10:03
みずえさん、こんにちは。

イエスやガイドの波動が
伝わったのでしょうか。
喜んでいただけて嬉しいです。

朗読の時はいつでも
イエスやガイドや大使方をただ感じながら
ただやっています。

わたしも毎日お庭をやりながら
いろいろ、あれこれ
ただ聞き続けているんですよ。
すると、何ともいえない、いい気分です。

みずえさんが聞いて下さっているのも
嬉しくて励みに成りますよ。

コメントありがとうございました。
こだま
2014/06/04 10:57

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
花を食べるモグラ こだまなくらし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる